インソール

足部1
足部2
足部3

これらの細かい骨が相互に動くことで、柔軟さと硬さを両立しています。

足部の位置がわずかに変わると・・・・

運動連鎖

上記のようにわずかな足元の位置変化で上方に多大な変化をもたらします。

足元の影響は、動きの大きさだけでなく、骨の捻りや前後の位置関係を変えてしまいます。

これを「運動連鎖」と呼びます。

また、足の裏には「メカノレセプター」と呼ばれる、バランスを保つためのセンサーが存在します。

皆さんが思う「インソール」とは土踏まずの持ち上げとか矯正ではないでしょうか?

私が思う「インソール」は、

解剖学、神経の反応(メカノレセプターの反応)、運動連鎖、疾患(変形性膝関節症やシンスプリントなど)による特徴を考慮して、足を育てながら(足部機能正常化)、全身の動き・痛みを改善するための道具です。

 

市販品の”インソール”と何が違うのですか?

世の中には大量の既製品が出回っています。

温めて本人の足に合わせるものや、ただ挿入するだけのもの、色々あります。

売る側の人間が、人間のバイオメカニクスに詳しく、運動分析能力が優秀(モーメントや床反力を完璧に理解している)なのであれば多少マシだと思います。

ところが詳しい人ほど、既製品がおかしいことに気づきます。
形を取って、会社に依頼するものや温めて成型するものは、
ただ止まっている人間の足の裏の圧力を反映しているのであり、
それを真っ直ぐに直そうというコンセプトはおかしいことに気がつきます。

なぜなら患者は、歩く・走るといった動作の中で困っているからです。

高いインソールと高い靴を買えば、良かったと思うしかないでしょう?

「誰が、どういうコンセプトで、どんな根拠を持って作っているのか」

それが大事です。

私は疑い深いので、自身が試し、理学療法士として有効と判断しない限り導入はしません。

“インソール”は外反母趾や変形性関節症に使えますか?

インソールの良いところは、足元から上を細かくコントロールできることです。

体重の通過位置だけでなく、荷重の位置や姿勢も変化させることができますので、関節の負担をカットすることで進行予防の手助けをすることができます。

手持ちの靴の”インソール”が外せない靴に使用できますか?

通常、フルオーダーインソールは元々使用していた中敷と入れ替える形で使用するのですが、中敷が外せないタイプでも挿入できる薄型のインソールがあります。
 

このインソールは薄型かつ既製品のため、中敷の下に使用したり、中敷の上に敷くことが可能です。
※革靴やサイズ変動が多い小中学性のスパイク(サッカー、野球など)に使うことが多いです。 

スキー・スノーボードのブーツやサイクルシューズにも使えますか?

もちろん使用できます。むしろ使ってください。
インソールの厚みやサイズが非常に重要となるため、フルオーダーインソールが望ましいです。(絶対ではありません)
 
ウィンタースポーツでよくある例としては、
膝を曲げて内側に捻る(ブーツにもたれかかる)例です。
初級・中級者にみられる典型的な所見で、足の力をソールに伝達することができなくなり、滑走能力や反発を利用したエアー系の能力低下を引き起こします。
 
いわゆるアスレチックポジションで乗れなくなることで、脊椎の障害や内側側副靭帯や前十字靭帯を損傷・断裂(整形外科疾患)するリスクを飛躍的に高めます。

スポーツに対するメリットはありますか?

スポーツは全身運動であり、筋力・持久性・速度・敏捷性・心理・調整力など複数の要素が絡み合って成り立ちます。

したがってインソールだけで直接スポーツ成績を上げることは困難と考えます。

しかし、インソールを使用することで足部の問題が改善され、正しいフォームに誘導されることで、障害予防・改善だけでなく、力の伝達が正常になり、より強く・速く・高く・長く動くことができます。

正しいフォームによる力の伝達は、筋肉のバネのような跳ね返りの力を生み出します。
この神経の作用を「ストレッチ・ショートニング・サイクル」と呼び、応用したトレーニングを「プライオメトリクス」と呼びます。

インソールは成長期〜成人以降の足を育てることに加えて、スポーツトレーニングの効率を飛躍的に向上させることができます。

機能的足底板はどのように作るのですか?

流れを説明します。
1. 問診(痛みや動きで困ることの確認)
2. 触診(足部の状態がどのように影響しているか確認)
3. 足踏みや歩行検査(歩行時の軸や圧力変化を確認)
4. 負担が少なくなる、強く踏ん張れる誘導を、パッドやテーピングで行う。
5. 素材を研磨し、仮当て後、歩行しながら調整を繰り返す
6. 納得のポイントで完成

足底板3
足底板1

フルオーダーインソールはどのように作るのですか?

流れを説明します。
1. 問診(痛みや動きで困ることの確認)
2. 触診(足部の状態がどのように影響しているか確認)
3. バランス検査を行いながらインソールの構成を確認します
4. 専用のスポンジにのり、足形をとります
5. バランス検査と足形の状態(シワや亀裂、深さなど)からインソールの設計を行います
6. 挿入する靴もしくはインソールをお預かりし、2週間ほどお時間を頂きます
7. 完成後、実際に挿入し、確認します
川合姉妹
NASYUインソール