腰部脊柱管狭窄症

”腰部脊柱管狭窄症”とは?

”腰部脊柱管狭窄症”は、背骨の中にある神経や背骨から出た神経を、椎間板や椎体、靭帯等が圧迫することで痛みや感覚障害を引き起こす病気です。

LCS

腰は脊髄はありません。脊髄は少し上で終わっていて、腰の部分は馬の尻尾みたいにワサワサ神経があります。
これを馬尾と呼びます。

症状と分類

馬尾はそれぞれ背骨の横から規則正しく分かれて出ていき、足に向かって伸びています。
背骨から出たすぐの、根っこのような膨らみを神経根と呼びます。

馬尾がやられると両側性で感覚障害が強くなります。強い運動麻痺や排泄障害を引き起こす可能性があります。
足の痺れだけでなく、肛門の感覚がおかしい場合は要注意です。
これを馬尾型と呼びます。

神経根がやられると片側の痛みが強く出ます。
これを神経根型と呼びます。

両方やられる場合を混合型と呼びます。

”腰部脊柱管狭窄症”の注意点

腰部脊柱管狭窄症は腰部の疾患が元になる可能性があるので、腰痛が主症状と思いがちですが、
立っている時や歩行時に下肢に痛みが出たり、痺れが出たり、力が入らなくなったりして、立ったままの行動が制限されることが主症状です。
これを間欠性跛行と呼び、背中を丸めたり、座ると症状が緩和します。

じゃあ丸れば良いかというと色々良くないことが後で起こります。

大体股関節を固くしないように、伸ばすストレッチをしましょうというのがセオリーですが、そう単純ではありません。

有酸素運動を取り入れたり、姿勢をコントロールする術を身につけなければ意味がありません。

麻痺が一定以上になると2度と戻りません。

後悔しないように何か対策をしてみてはどうでしょうか?