変形性膝関節症に対する再生医療

変形性膝関節症に対する再生医療

通常関節症は、慢性的な炎症を繰り返して、破壊が進行します。

炎症を止めること、

・薬物療法

・非薬物療法
(運動療法やインソールなどによる部分的なストレスの軽減)

になるわけですが、自身の体液を利用して、わざと急性の炎症を起こし、自身の力で炎症をストップさせる治癒力を利用するものです。

しかも、自身の血液から採取されたもので低リスクです。

弱点としては自費ということです。

ただ、変形性関節症等の慢性疾患は、病院以外ではほとんど保険が効かず、適切な治療タイミングを逃す可能性がある(特に骨壊死など)ので、要注意です。

保険診療や健康保険についてはコチラを参照してください。

コメント